電子のポエム新解釈 シベリウスアカデミーの始業式典で初演

2002年9月2日10時開演 テンペリアウキオ教会(岩の教会)

LE POÈME ÉLECTRONIQUE、電子のポエム (コンセプト  Le Corbusier. 建築、ヴィジュアル I. Xenakis 及び 音楽 Edgard Varèseによる) 1958年にベルギーのブリュッセルで開催された世界万国博覧会フィリップス館で初演、上演。今回CM&T学生チームがテンペリアウキオ教会で執り行われたシベリウスアカデミー音楽大学の始業式典で新解釈によるライブパフォーマンス。それに先立ち、スオメンリンナ島で5日間のヴィジュアリゼーション学習キャンプを行い素材を作り上げる。
コーディネータ 菅木真治 教師 Juha Huuskonen

DVDドキュメントがその後制作される。

プログラム:

DVDフロントカバーに掲載されたチームメンバー:

ライブパフォーマンスの記録ヴィデオ(注意内部使用のみ。)

%s1 / %s2